脊柱管狭窄症を治そう~気になる治療の情報マル秘サイト~

医者

痛みとしびれが現れる

画期的な治療法があります。免疫細胞療法は遺伝性のガンにも有効的です!辛い副作用に悩んでいる方も一度ご覧下さい。

背中に痛みやしびれを感じた時は脊柱管狭窄症の恐れあり。加齢により発症する病気なので正しい治療法を調べておきましょう。

脊柱管狭窄症とは

先生

脊柱管狭窄症とは腰椎内部の神経を通る脊柱管が狭くなり、神経や血管が圧迫されて血流が悪くなり、腰や足の痛みやしびれ、こわばりといった症状が出てきます。 その原因としては、様々な物が挙げられています。加齢による体力の衰えや体の変形によって引き起こされることもあれば、生まれついた骨格の形から引き起こされることもあるため、一概に年齢のせいとは言えない病気でもあります。若いころに力仕事をしていた方も発症しやすい傾向があるので、思い当たる方は注意が必要です。 また、脊柱管狭窄症には症状が出やすい姿勢があります。 身体を反らした状態だと脊柱管の内側が狭まって症状が出やすく、前かがみになると圧迫が弱まる為症状が和らぎます。 間欠跛行という症状は、しばらく立っていたり歩いていると足がだるくなり時には痛みも出ますが、しばらくしゃがんだりして休むと症状が軽くなってまた歩けるようになることを言います。 この間欠跛行が、脊柱管狭窄症の代表的な症状とも言えます。

症状を把握した治療法を

治療法としては、まずは服薬治療で痛みの軽減や血流障害の改善などを図り、リハビリや温熱療法などもありますが、どの治療法も対症療法である為に完治するには時間がかかります。 運動療法も取り入れ、日々の生活で神経に負担の掛からない姿勢を保つことも有効な手段となります。 痛みの少ない時間には、積極的にウォーキングなどを行い、筋力強化に努める事も大切です。 手術という手段もあります。 神経症状が重篤となり下肢筋力の低下が著しい場合には、転倒するなどの危険性もあります。 神経障害が進む前に適用するのが好ましい治療法です。 脊柱管狭窄症の手術を受けた場合でも、痛みの原因がすべて解決するわけではない場合もあります。 専門医とよく相談した上で、適した治療法を見つけましょう。

症状と治療法を知ろう

先生

腰部脊柱管狭窄症は、加齢などで脊柱管が狭められ、その中の神経が圧迫されることにより、痛みやしびれなどの症状が現れる疾患です。普段歩いていると痛くなる間欠跛行がたびたび見られます。

Read More

自分に合った治療方法

先生

脊柱管狭窄症の手術にかかる費用は高額です。手術後も通院の必要性が非常に高い病気であるため、余裕のある予算計画を立てておくことが重要です。また、最近は手術以外の治療方法も発見されているため、医師と相談し試してみると良いです。

Read More

漢方薬も一つの選択肢

先生

脊柱管狭窄症の治療では、漢方薬も使用されます。漢方薬は、専門の薬局などを通じて購入することが可能で、体質や症状に合った薬が処方されるのです。脊柱管狭窄症の治療では、血行を良くする薬などが主に使用されます。

Read More